産廃処理を支える高機能な機械たち|未来を変えるリサイクル

機械

現場で活躍する機械

廃棄物

現在は非常に当たり前なことになってきている産廃処理。産業廃棄物というのは、かつては当然のように捨てられていましたが、現在は処理をしてその大部分を再生させることが普通のことになってきています。環境問題の改善が叫ばれる今、多くの現場にて発生する産業廃棄物をどう処理するかも、とても大切なポイントとなっているのです。

その産廃処理を支えている多くの機械があります。かつては、産業廃棄物が出たらただ集めて運んでゴミ処理場や海洋に捨ててしまうだけでしたが、今は環境を守る取り組みが必須となってきていますので、さまざまな機械を用いて産廃処理を行っていきます。
産廃処理をするためには、まず廃棄物の大きさをふるいにかける必要がありますので、振動ふるい機などを使用して大小に分けていきます。この作業がなければ産業廃棄物を正しく処理することができませんので、非常に重要な作業です。
そして、ふるいにかけた産業廃棄物を運搬するためのベルトコンベアも必要になってきます。ベルトコンベアは工場内で使用されるものもありますが、建物の解体現場などで小さいプラントを設置するのであれば、屋外でも使用されます。手選別ベルトコンベアを設置すれば、人間の目で産業廃棄物を選別するセクションを設けることができます。

その他、集めた産業廃棄物を処理できるように砕いたり切ったりする機械もあります。クラッシャーユニットやシュレッダーなどが該当し、たとえば木材を砕いて切り刻み、燃料として再利用できるように加工していきます。
ほかにも機械はいろいろと存在し、以上のような機械の働きや現場の作業員の働きにより、建物の解体現場などにおける産廃処理が効率的に進められているのです。

資源をリサイクル

廃棄物

高度経済成長期では大量消費からの大量廃棄が問題となり、現在は産廃処理によって産業廃棄物の大部分が資源として生まれ変わっています。たとえば燃料を作ることができ、燃焼効率が石炭などよりも高いとされています。

詳細を確認する...

ふるいにかける

機械

産業廃棄物を資源へとリサイクルするためには、機械の働きが重要です。そんな機械の一種である振動ふるい機は、産業廃棄物を大きいものと小さいものに分けていきます。振動ふるい機にはスイングスクリーンなどの亜種もあります。

詳細を確認する...

その他の工程

廃棄物

産業廃棄物を振動ふるい機などで大きさごとに選り分けると、ベルトコンベアを使用して任意の場所へ運んでいきます。ベルトコンベアの種類により、急傾斜での運搬も可能で、手選別をすることもできます。

詳細を確認する...